メーカーの取扱

鍵をかける

毎日、何度も開け閉めされるドア。そのドアに付いている最重要部品であるドアノブはいつか必ず壊れる日が来ます。前兆はありますので、その時に素人ながらにスプレー式の機械油などをさしてしまうとダメです。 スプレー式の機械油は確かに便利で、応急処置的にドアノブ修理が出来たように感じてしまいます。しかし、ドアノブの内部に含まれている粘性のグリスを溶かし出してしまいます。そうすると、パーツとパーツの摩擦が増え、変形し、ドアノブが本格的に故障するまでの時間を短くしてしまうのです。 ドアノブ修理は型番が合えばDIYでも出来ます。しかし、特注のドアだったりする場合、個人でのドアノブ修理は無理ですので、専門業者に依頼するしかありません。

ドアノブが外せるのなら、外したドアノブを持って建具金物店に行くと良いです。店員にそれを見せて、これの代替品はありますか、と質問すれば調べてもらえます。 代替品があれば、あとは元の場所に組付けるだけでドアノブ修理完了です。というと、すごく簡単に思われるかもしれませんが、本当は結構大変なのです。元々のドア穴にピッタリあわなくて、微調整が必要になったりするからです。 ここ最近販売されたドアならば、そのドアメーカーからぴったりと合うパーツ入手が可能です。古くメーカー廃番になっているドアだと、ぴったり合うパーツの入手は困難です。取り付けに改修作業が必要になります。 アルミドアや固い木製ドアの改修作業は電動工具がないと不可能です。そういった場合、無理をせずにドアノブ修理の専門家に依頼するのが最も安全で仕上がりも綺麗です。不慣れな人が困難な作業をすると、ドアが駄目になるだけではなく、怪我をしてしまう場合がありますから要注意です。